i-apnea
Intervew & Infomation about freedivers!

| CALENDAR | BACK NUMBER | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
森永ニッカ選手にインタビュー
インドアカップ沖縄総合優勝&ダイナミックノーフィン日本記録保持者、森永ニッカ選手にインタビュー!

                  Photo by Koichi Saito

■フリーダイビングを始めたきっかけは?

長年続けていたドルフィンスイムが嵩じて、フリーダイビングに興味を持つようになりました。TVでウンベルト・ペリツァーリの優雅な泳ぎを見て、イタリアのサルディーニャまで旅してウンベルト自身のワークショップを受けたのが最初です。
その前年に深潜りを練習できる環境を探していた折り、友人の並川圭子さんに現在のクラブ(東京フリーダイビング倶楽部)を紹介してもらいました。

そこで2003年から練習を始め、競技の面白さを知りました。素敵な仲間もたくさんできました。


■フリーダイビングをする前はどんなスポーツをしていましたか?

学生時代はスポーツは特に何もしていませんでしたが、社会人になってからジムでマシンと水泳に通っていました。


■初めてのフリーダイビング大会はどの大会でしたか?

2003年の第1回日本選手権が初めての大会でしたが、いつもの練習仲間と一緒だったので緊張せず競技できました。その結果、総合3位の小さなトロフィーをいただき嬉しかったのを覚えています。
井田の海の側のキャンプ場で皆で泊まったり、ご飯を作ったりしたのも良い思い出です。


■今現在、フリーダイビングのどのようなところに惹かれていますか?

コンスタントがいちばん好きです。自分の力だけで潜り、水圧の変化を感じるところが魅力。海の深みに潜って行くと同時に、自分の内面に潜って行くような感覚、試行錯誤しながら自分の泳ぎを洗練させることが面白いです。
競技に関しては、競技中の集中とその後の開放感の落差がたまりません。


■いままで潜った中で一番好きな海は?

バハマのドルフィンサイトの海。イルカと泳ぐなら地球でいちばんだと思います。


■フリーダイビングをしていて特別な体験、不思議な経験をしたことはありますか?

2004年のワールドカップ(バンクーバー)で、海が真っ暗で水温も相当低く、普通ならぜったい恐くて潜りたくないような状況だったのですが、不思議に肝がすわって、落ち着いて集中して潜れたことが、今思い返すと不思議に思えます。


■あなたにとってのヒーローは?

ウンベルト・ペリツァーリ

浮谷東次郎


■自己ベストはどのくらいですか?

スタティック 4分55秒
ダイナミックウィズフィン 135m
コンスタントウィズフィン  57m


■森永選手は3月のインドアカップ沖縄でダイナミックノーフィンの日本新記録100mを達成されたわけですがこの記録を達成した瞬間には何を思いましたか?

今回、たまたま一時帰国の期間中にインドアカップ沖縄があったため参加することにしました。事前の練習が充分でなかったので、日本記録更新などまったく考えてませんでした。
自己記録を少しでも更新できたらオーライと思っていたので、実はノーフィンの日本記録がその時点で何mなのかも把握していませんでした・・・
競技終了後、今の自分の泳ぎが日本記録更新!と聞かされビックリしたのが正直なところです。


■元オリンピックスイマーの田中雅美選手が保持していた日本記録 (96m)を 更新されたわけですが、意識しましたか?

全く意識していませんでした。今回の私の記録もそのうち誰かが更新するでしょうし。ただ、今回は自分の力を100%出せて、それが良い結果につながったことが嬉しいです。


■また、インドアカップ沖縄ではスタティック、ダイナミックウィズフィンでも好記録を出して総合優勝もされましたね、そのときの気持ちは?

総合優勝という経験は初めてでしたので素直に嬉しかったです。
一方で各競技について反省点もあり、それらは今後おいおいクリアしていきたいです。



■普段はアメリカ・フロリダに住んでいるとのことですが、練習環境や一緒に練習する選手の確保はどうされていますか?

仕事の合間に、プールで時々泳いでいます。フロリダは暖かいため、冬でも屋外プール(温水)です。地元の水中ホッケーの練習会に時々参加しています。かなりハードなスポーツで、毎回ヘトヘトになりますが、その後のご飯が美味しいです!
海ではなかなか練習できないのが悩みですね。


■いつもどんなトレーニングをしているのですか? 

プールで泳ぐ時は、違うフォームを試してみたり、息継ぎの回数やスピードを変えたりなど、いろいろ楽しみながら練習しています。水の中にいること自体が好きなので、忙しくてプールに行けないとストレスがたまります!


■フリーダイビング以外の趣味や普段よくすることはなんですか?

ドルフィンスイム、裁縫、サルサ、乗馬です(:


■日常生活では食べ物に気を遣っていますか?

マクロビオティックなど健康食も好きですが、ジャンクフードも好きです。
あまり厳しく考えず、とにかく何でも美味しくありがたく食べてます(:


■最近感動した出来事は何かありますか? 

ノマディック美術館のグレゴリー・コルベールの展覧会が良かったです。


■普段はイラストレーターとしてお仕事をされているそうですが、フリーダイビングがイラストのお仕事に影響を与えますか?

イラストとフリーダイビングについて、共通点は『流線型を描くこと』です。

イラストを描く時はいつも、頭の中でまずイメージを作り、それをペンで紙にトレースします。はっきりとイメージが出来たら、イラストはもう出来上がったようなものです。
フリーダイビングをする時も、頭の中に自分が流線型を描いて泳いでいる姿をイメージし、それを実際に海でトレースします。
イメージをする力と観察力は、イラストの仕事で養われたもので、フリーダイビングにも役立っていると思います。
また、自分の身体全体で流線型を描くフリーダイビングが、自分のイラストの描線にもきっと良い影響を与えてくれていると思います。


■好きな言葉はありますか?

「迷ったら美しい方へ進め」

「Less is More」

「神は細部に宿る」


■フリーダイビングを通して一番何を表現したいですか?

「美しさ」


■これからの目標は?

水中で、より自由により美しく泳ぎたい


■あなたの最終目標は?

人魚!





■プロフィール

名前 森永ニッカ
職業 イラストレーター、ボート手伝い
競技成績 インドアカップ沖縄2007総合優勝
所属チーム 東京フリーダイビング倶楽部 http://www.freediving.jp
個人サイト 『人魚になりたい』 http://www.55mermaid.com

| INTERVEW | comments(0) | trackbacks(0) | posted by iapnea
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://i.apneaworks.com/trackback/405803
<< NEW | TOP | OLD>>