i-apnea
Intervew & Infomation about freedivers!

| CALENDAR | BACK NUMBER | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
富永直之選手にインタビュー
ダイナミックノーフィン日本記録保持者・富永直之選手にインタビュー



■フリーダイビングを始めたきっかけは?

大学時代にスクーバダイビングのサークルでダイビングを始めたのですが、練習の一環でスキンもよくやっていました。
先輩に海パンを脱がされこっちはスッポンポンなのに、水底から器材取って来い!という無茶なものから沖縄のサンゴ礁で熱帯魚とすばらしい珊瑚に感動したスキンダイビングなど思い出深いものばかりです。
その時に、素潜りは楽しい!水中に素潜りで入っていく感覚も楽しい!という感覚が自分の中に残り、それが興味を持つきっかけになったんだと思います。

競技として始めたのはそれからしばらく経ってからです。途中で2年ぐらいブランクがありますが6・7年経つと思います。


■フリーダイビングをする前はどんなスポーツをしていましたか?

小学生〜高校まで水泳を、小学校6年間はサッカーもしていました。


■初めてのフリーダイビング大会はどの大会でしたか?

沖縄で行われた、エジプトだったかの世界大会の選考会です。3人チームの対抗戦でBBBの小川さん・篠宮さんとチームを組んで出場しました。
海況が悪くコンスタントは開催できず、スタティックだけ行われたのを覚えています。結果は私たちのチームは代表になれず、個人的にも当時のルールで意識鮮明とみなされず失格の判定をもらったのを覚えています。

99?00年?あまり開催年はよく覚えていません。よく覚えていないのは本大会をあまり意識できていなかったからだと思います。などと言っては当時チームメイトでインタビュアーの篠宮さんに怒られそうですが、当時は競技を始めてから経験が浅く、「世界大会」と聞いても自分のなかで意識できなかったんだと思います。そういう意味でもまだまだ未熟なフリーダイバーでした。


■今現在、フリーダイビングのどのようなところに惹かれていますか?

旅費は自己負担ですが、前々回はカナダ、前回はエジプト、今年は参加するか分かりませんがスロベニアとこんな機会でもないとなかなか訪れないような色んな国に行けるのがいいですね。

競技をしている時は独特の緊張感を感じ、自分と向き合えるところが好きです。

一番好きな種目はコンスタントです。
コンスタントのノーフィンも興味があるので、今年はやってみたいです。


■いままで潜った中で一番好きな海は?

どこの海も好きです。それぞれの特色があって、それぞれ印象深いです。


■フリーダイビングをしていて一番楽しかったことや、特別な体験をしたことはありますか?

楽しいのはやはり大会・練習中問わず、自分で設定した目標をクリアできた時。
エジプト大会で、途中経過ですが日本男子が1位に立ちみんなの気分が高揚したときも良い思い出です。

印象深いのはパラオで水深60mぐらからサメに本気で追いかけられた時かな。

あとは、去年のエジプト大会の練習中にボートのエンジントラブルが原因で、カナダやアメリカの選手たち
と洋上を数時間漂流したことは印象に強く残っていますね。


■あなたにとってのヒーローは?

特にいません。


■自己ベストはどのくらいですか?

スタティック:7分30秒 
ダイナミックウィズフィン:165m 
ダイナミックノーフィン135m
コンスタントウィズフィン:85m   


■富永選手は去年、ダイナミックノーフィンの日本新記録119mを達成されたわけですがこの記録を達成した瞬間には何を思いましたか?

嬉しかったことは嬉しいのですが、理由はよく分かりませんが、「物凄い嬉しい」というほど感情が爆発しなかったのを覚えています。


■去年の世界選手権エジプト大会では団体4位入賞でしたが、自分の中で4位はどのように受け止めていますか?

前回のカナダ世界選手権と違って強豪国や強い選手が軒並み参加してのこの成績でしたから、だいたいその辺りの力がある、というのが分かった大会だったと思います。
年々各国の選手も力を伸ばすペースが上がっているようなので、また力をつけて次回は1位目指して臨みたいです。



■普段はパラオに住んでいるとのことですが、練習環境や一緒に練習する選手の確保はどうされていますか?

パラオ移住後半年ぐらいは練習していましたが、現在はパラオにいる間は練習はまったく行っていません。
パラオではスクーバダイビングのガイドをしているのですが、自然相手の仕事ですので、気力・体力ともにそこに使い切ってしまいますし朝から夜までゲストといることも多く、その上でフリーダイビングの練習をする気は起きないからです。

あとは普段スクーバダイビングで窒素を体に溜め込んでいるので、たまにある休みに素潜りをしてしまうと減圧症にかからないかと、個人的な心配もあり、海の練習等も一切していません。


■いつもどんなトレーニングをしているのですか? 

トレーニングは日本に帰った時に行っています。3ヶ月ほどフリーダイビングの為に日本にいることが多いのですが、9ヶ月のブランクがあるので毎年コンスタントなら20mぐらいから、スタティックなら3分ぐらいから徐々に慣らしてトレーニングを始めています。

体について特に気をつけていることはないですが、強いて言えば疲れを残さないよう心がけています。
3ヶ月集中して良いトレーニングを行いたいので、翌日に疲れを残さないように睡眠はたっぷりとります。


■フリーダイビング以外の趣味や普段よくすることはなんですか?

読書です。1年の大半はパラオにいて日本語の活字が恋しくなるので・・・読書は大好きです。


■日常生活では食べ物に気を遣っていますか?

パラオにいるときは日本ほど食材が豊かではないですし、ほとんど輸入に頼っている国なので、品質がどう?栄養がどう?産地がどう?などと選ぶ余地はありません。夜もほとんどゲストと飲みに行くことが多く、お酒もそんなわけでほぼ毎日飲んでいます。
ダイビング後のビールは最高に美味いですよ!

日本に帰ったときは秋刀魚や鯖の塩焼きとか、寿司・ラーメンなどなどパラオで食べられないものをはじめ、何を食べても美味しいですね。
それでも練習を続けていると、自然に脂っこいものとかは食べる気がしなくなります。お酒も週に1回ぐらいですね。


■最近感動した出来事は何かありますか? 

普段海に潜り続け、自然に接しているので、やはりそういう部分からもらった感動が大きいです。
カジキや巨大なサメを目撃したり、素晴らしい夕焼け、水平線に浮かぶ島の緑とそこに架かる虹など何気ないことですが自然に囲まれたパラオでは、感動させられることは数多いですね。



■座右の銘はありますか?

「限界は自分の心が決める」


■フリーダイビングを通して一番何を表現したいですか?

特に意識したことはないです。


■これからの目標は?

今シーズンはGW後に帰国する予定です。
スロベニアや沖縄の大会(DEEP WATER CUP)への参加を予定しています。


■あなたの最終目標は?

特にないです。
情熱が持てなくなるまでやりたいと思ってますし、その間は何かしらの成長を毎年したいと思ってます。



■プロフィール

名前 富永直之
職業 ダイビングガイド
競技成績  第4回世界選手権カナダ  日本代表 5位 
        第5回世界選手権エジプト 日本代表 4位 
        ダイナミックノーフィン119m(日本記録) 
                世界ランク2006 12位
        コンスタントウィズフィン80m 
                世界ランク2006  9位
     
所属チーム    フリーダイビング/Blue Blood Bros
         ダイビングショップ/ブルーマーリン www.meluis.com
スポンサー   グローバルサービス蝓www.globalservice.co.jp/
個人ブログ    パラオの海で潜りながら http://bmtomi.exblog.jp/
| INTERVEW | comments(0) | trackbacks(0) | posted by iapnea
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://i.apneaworks.com/trackback/417863
<< NEW | TOP | OLD>>