i-apnea
Intervew & Infomation about freedivers!

| CALENDAR | BACK NUMBER | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
コンスタントノーフィン55m日本新記録 富永選手にインタビュー
DEEP WATER CUP 沖縄2007でコンスタントノーフィン日本新記録55mを樹立した富永直之選手にインタビュー

          (写真中央:富永選手)


■まずは日本新記録55mおめでとう!

ありがとうございます。


■スロベニアから帰国しどんな風にコンディショニングしてきましたか?

帰国後の5日後に慶良間に渡り、やはり5日間ほどのんびりすごして時差ボケや、体調の回復をはかりました。その後は試合会場の真栄田にわたり練習を開始しました。


■自己ベスト61m、そしてダイナミックノーフィンの実力から察するに申告深度の55mは抑えた方なのでは?

記録更新が一番の目的でしたので55mとしました。


■推進力が小さいノーフィンはカレントの影響を受けやすい種目ですし、大深度からのアセントも加速しにくい面もあると思います。この種目の難しさや、注意した点があれば教えてください。

ご指摘のようにノーフィンは推進力がない点、カレントの影響を受けやすい点などなど、フィンありに比べてあらやる要素の難易度が高く感じました。練習中の自己ベスト更新も慎重に少しずつ刻んでいくようにしました。



■本番ではどんなことを考えながら潜りましたか?

モチベーションが高く持てなかったので、気持ちを切らさないようにするのが大変でした。


■水面に上ってホワイトが出たときは何を思いましたか?

「とりあえず記録更新はできたな」



■初めてのコンスタントノーフィン日本記録ですが、ダイナミックノーフィンの記録達成時と比べて感動や、感覚の違いなどは何かありますか?

スロベニアの時は事前の練習も、試合でのパフォーマンスもある程度納得できるもので、その上で結果も出たので嬉しかったですが、今回は自分の今の力でとりあえずどれくらい潜れるのか?その辺が確認できないうちに自分の持ち時間が終わってしまい、試合を迎え、終わり、そしてパラオに帰ってこなければいけなかったので非常に残念です。
55mのダイブというのは記録達成のためのもので、そういう意味では感動はほとんどありませんでした。


■今シーズンはスロベニアでの銅メダル獲得に始まり、コンスタントノーフィンでも日本新記録を達成された大躍進の年だったのではないかと思います。このことを一番誰に感謝したいですか?

サポートしていただいた皆さんです。


■今シーズンはこれで終了ですね 来シーズンの目標は?

来シーズンはコンスタントのウィズフィンをやりたいです。今年一度も行っていないので、どれくらい力がついているのか?いないのか?楽しみです。


■ありがとうございました! 来シーズンも頑張ってください



■プロフィール

名前 富永直之
職業 ダイビングガイド
競技成績  第3回個人世界選手権スロベニア 銅メダル
        ダイナミックノーフィン157m(日本記録)
        コンスタントノーフィン 55m (日本記録) 
                     
所属チーム  フリーダイビング/Blue Blood Bros
         ダイビングショップ/ブルーマーリン www.meluis.com
スポンサー   グローバルサービス蝓www.globalservice.co.jp/
個人ブログ  パラオの海で潜りながら http://bmtomi.exblog.jp/


■メディア出演情報

8/20 テレビ朝日 Qさま 20:00〜
9/10 月刊ダイバー 10月号 『今月のダイバー』
| INTERVEW | comments(0) | trackbacks(0) | posted by iapnea
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://i.apneaworks.com/trackback/503574
<< NEW | TOP | OLD>>