i-apnea
Intervew & Infomation about freedivers!

| CALENDAR | BACK NUMBER | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
ダイナミックウィズフィン181m日本新・大島俊選手にインタビュー
インドアカップ関西2007でダイナミックウィズフィン日本新記録181mを樹立した大島俊選手にインタビュー



■まずは日本新記録181mおめでとう!

一仕事終えたな、とホッとした気分です。
2004年からフリーダイビングを始めて以来、ずっと念願だったNational Recordを達成した瞬間は思わずガッツポーズを取ってしまいました。しかし、会場を後にして家路に着くと意外に嬉しくて嬉しくて仕方が無いというよりは『自分のフリーダイビング人生に一区切りをつけた』という安堵感が強かった気がします。

加えて、現在Lucky Fin Barracudaといフリーダイビング倶楽部の代表を務めていますが、メンバーのみんなにも少しカッコがついたかなと安心しました。


■本番ではどんなことを考えながら潜りましたか?

普段は50mプールで泳ぐことが多いのですが、大会は25mプールだったので『ターンが大変だなぁ』と何度も余計なことを考えました(笑)

他には、本大会の目標を『日本記録の更新』と『日本初の200m潜水』と設定していたので潜水中もこの2つを意識していました。具体的には、当時日本記録は173mだったので、「175mは必ずターンすること」にしてその先は「どれぐらい自分の意識がハッキリしているか」を注意して考えながら潜りました。

普段は水の中であまり何も考えないんですが、今回は雑念が多かったかな!?



■水面に上ってホワイトとレッドが両方出たときは何を思いましたか?

最終的な判定はホワイトかレッドいずれかでしか無いわけですから、審判に対して『ミスジャッジさせちゃってゴメン』と思いました。
選手が紛らわしい行動をしてしまうために起こる誤審は多いので、競技終了直後にはジャッジが判定をし易いように気を使ってあげるぐらいの余裕を選手が持つべきだと考えてます。

2色出たときは、『自分のパフォーマンスに一点の曇りも無い』という自信があったので正直あまり不安になったりはしませんでした。ビデオ判定で確認すればすぐわかるはず、と思いました。


■しかし最終的には判定はホワイトになりました、その結果表を見たときはどんな気持ちでしたか?

上とちょっと矛盾する気もするけど、結果発表で白が確定したときはやっぱり喜びの雄たけびをあげちゃいました(笑)認めてもらえると嬉しいです。



■初めての日本記録ですが、このことを一番誰に感謝したいですか

フリーダイビングのイロハを教えてくれたBig Blue, BBB, TFC, 海外の仲間のフリーダイバーたち、そして大会直前で熱心に練習に参加して士気を高めてくれたLucky Fin Barracudaの皆さんにBig Thank Youを贈りたいです。また大会運営に関わり素晴らしい機会を与えてくれた関係者の皆さんにもありがとうございました。

機会があれば、親にも伝えて喜んでもらおうと思います。


■今シーズンはこれで終了ですね 来シーズンの目標は?

一種目だけではありますが、ようやくフリーダイビングの日本チャンピオンだ、と胸を張って言える様になりました。
今シーズンの目標が『日本で最も長い距離を潜水する男』になることだったとすれば『日本で最も美しく潜水する男』になることを来シーズンの目標にしたい。美しい泳ぎは効率性と芸術性を両立するというのが持論です。観てくれる人を魅了しながら最も長い距離を泳ぐのがDYNの最終目標なので、優雅に300m泳げるカッコいいフォームをまず身に付ける予定です。世界新記録を狙うのはその後でいいかなと思っています。



■おめでとうございました!

■プロフィール

名前    大島俊
生年月日  1983 6 12
職業    会社員
競技成績  BBインドアカップ2007・ダイナミックウィズフィン優勝
        館山インドアカップ2007・ダイナミックウィズフィン優勝
所属チーム Lucky Fin Barracuda 
        東京フリーダイビング倶楽部
| INTERVEW | comments(0) | trackbacks(0) | posted by iapnea
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://i.apneaworks.com/trackback/634248
<< NEW | TOP | OLD>>