i-apnea
Intervew & Infomation about freedivers!

| CALENDAR | BACK NUMBER | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
インドアカップ館山2009 総合優勝 廣瀬花子選手にインタビュー
インドアカップ館山2009で総合優勝を果たした廣瀬花子選手にインタビュー




■まずは総合優勝おめでとうございます!ご自身初となる総合V!
本当にすばらしいですね、お気持ちを聞かせてください。

ありがとうございます!
応援してくれた方々のおかげです。幸せです。



■スタティックで一位、、ダイナミックウィズフィンで二位というすばらしいパフォーマンスでした。
今回の好結果の原因はどこにあると思いますか?

本番前も前日も、とにかく緊張していました。
心臓もバクバク!直前まで「こんなんじゃダメだー。」って思ってたけど、スタティックで水に入ったら段々楽になってきて。
以前は緊張感をマイナスにとってたけれど、今回は、それもうまく受け入れられたんだと思います。

練習してきた分の成果をそのまま発揮できるとしたら、結果を残すことにはやはり自信がありました。
やれるだけやったし、その自信に負けないようにしよう!っていう思いで挑みました。

スタティック競技前は、近くのビーチに遊びに行って、お昼寝してました。
その時の心地いい海の景色と、潮風のイメージを競技中も水の中でずっと感じれていて、うまくリラックスできたと思います。




■いままでくやしい思いもあったと思います。
今回の優勝は狙っていましたか?

去年の日本選手権ではDYNの日本記録を目指してBlackout。
今回はとにかくその悪いイメージと戦ってました。今までにない緊張と不安も味わいました。
日本記録まであと少しだ!!っていう気持ちはちょっとあったけど、今回はとにかくいいイメージで・水の中を気持ちよく感じて・ホワイトカードで・自己ベストを尽くす・ことに集中しました。
なので総合優勝は全然狙ってません。それにWithoutFinなんて大嫌いで、当日までの自己ベストが50mだし。笑
本番ではびっくり87m。やればできるじゃーーん♪って思いました。




■どの種目が一番調子よかったですか?

普段は20mのプールで練習してるので、ターン地点で距離感がつかめなくて壁にぶつかるわ、届かないわ、コースはみ出るわで酷い泳ぎだったなーと思っていましたが、一番気持ちよく泳げたのはダイナミックウィズフィンでした。
気持ちよく泳ぐ=自己ベストの感覚が自分の中で確定していたので、そういう意味では一番でした。
でも、もっとフォームをキレイにしたいな・・・



■この大会のためにどんな練習を積んできましたか?

主にプールでの練習です。ダイナミックで40mのインターバルやターゲットの繰り返し。
1時間のインターバルメニューをやっていたら、
1時間中30分も息を止めている計算が浮かんで、なんか笑えました。
フィン履きすぎて足の豆が化膿して2週間くらい水に入れなかった時もあります。
一時、グライドフィンが超きらいになりました。(今は好き!)





■フリーダイビングを始めたきっかけは?

故郷御蔵島の海でイルカと泳いでるうちにいつのまにか深いところへ行けるようになってて、どのくらいいけるもんかな?って挑戦心があったのと同時期に、ジャック・マイヨールの話題や、映画グランブルーでこの競技を知りました。
高校生のときにBIGBLUEのフリーダイビング入門コースを受けたのが最初です。



■フリーダイビングをする前はどんなスポーツをしていましたか?

バスケ3年、乗馬6年、剣道3年


■初めてのフリーダイビング大会はどの大会でしたか?

確か、2007年夏に開催されたBigBlueの公認記録会です。
30mぐらいは潜れるだろーと単純に思ってました。
初めて取ってきたタグがほんとに嬉しかったです。
そして深海は最高に気持ちよかった!忘れられません。
インドアでは、2007関西の大会。たこやき食べそびれました。



■今現在、フリーダイビングのどのようなところに惹かれていますか?

「競技」としては、戦う相手が自分自身であること。
自分自身が敵でも味方でもあるし、その過程でいろんな自分の内面に気づかされます。
それでも絶対にひとりでは出来ない。
不思議&すばらしい競技だと思います。

あとは、スクーバとちがって自由なとこが好き!
身ひとつだけで地球と一体になって遊ぶ感じ。
Free!



■いままで潜った中で一番好きな海は?


黒潮ガンガン流れてて、荒れてて黒くて深い海。 
荒れてれば荒れているほど、自然の壮大さを感じます。
好きな場所は、愛故郷御蔵島の海。





■フリーダイビングをしていて一番楽しいことは?

練習の成果が見れたとき!
水や海との一体感を感じたとき





■あなたにとってのヒーローは?

お父さん、じいちゃん、濱崎選手


■自己ベストはどのくらいですか?

CWT38m
DYN160m(非)
DNF87m
STA 5分42秒
中ジョッキ 9杯




■フリーダイビング以外の趣味や普段よくすることはなんですか?


この夏はボディボードを趣味にしたい!

あとは、映画観賞!
ひとりBarごっこ



■日常生活では食べ物に気を遣っていますか?

ぜんぜん。
食べることは大好きなので、好きなものを好きなだけ食べます。
それでも大会前だけはオカシ、お酒、油を一切採らないようにして、
野菜と水を沢山とります。



■どんなトレーニングをしているのですか?

プールでダイナミックウィズフィンのトレーニング。
短距離・長距離のインターバル

今後はヨガや陸トレを取り入れたり、
もっと計画的に効率のいいトレーニングをしてきたいです。




■最近感動した出来事は何かありますか?
 

今回の優勝を周りの色んな方がお祝いしてくださったこと!
感激です。みなさんありがとう。

あと最近 「ルーキーズ」 を観て映画館でえぐえぐ泣きました。



■座右の銘はありますか?

NO RISK NO FUN



■フリーダイビングを通して一番何を表現したいですか?

人間やればできること 笑

自分を信じること !




■これからの目標は?


もちろん、次はコンスタントをやりたいです。
今までのインドアでのトレーニングがどこまで深く潜れる力となってるのか、全然想像つかないけど早く試してみたい。
あと、デンマークへ参戦できたら、たくさん課題をつかんで帰ってくるのが目標です。




■あなたの最終目標は?

ありません。
今を精一杯楽しみます♪






■プロフィール

・名前 廣瀬 花子  
・生年月日1986.7.29  
・職業 ダイビングインストラクター/ガイド 
・競技成績   
 
  2008年  インドアカップ館山 スタティック 2位
  2009年  インドアカップ館山 総合優勝
        
・所属チーム(URL)
 『Lucky Fin Barrcuda』(http://freeology.jp/)
   
・スポンサー(URL)
 TrueNorth(http://www.truenorth.jp/)
BREAKER OUT(http://www.breakerout.com/)
 東京スポーツレクリエーション専門学校(http://www.tsr.ac.jp/gakka/si/)

| INTERVEW | comments(0) | trackbacks(0) | posted by iapnea
インドアカップ館山2009 総合優勝 濱崎克哉選手にインタビュー
インドアカップ館山2009でV2を達成した濱崎 克哉選手にインタビュー



■まずは総合優勝おめでとうございます!去年のインドア館山に続いてご自身二度目となる総合V!本当にすばらしいですね、お気持ちを聞かせてください。

苦しい時に支えてくださったみなさま、応援してくださったみなさま、ありがとうございました!
今年2月に足首を傷めてから、まともな練習ができていなかったので不安はありましたが、気持ちだけで戦いきりました。
苦しかった分だけ嬉しさひとしおです。最高です!



■スタティックで3位、そしてダイナミックウィズフィンとダイナミックノーフィンでは1位というすばらしいパフォーマンスでした。今回の好結果の原因はどこにあると思いますか?

今大会前は調子がずっと悪くて、何が良かったと問われると困ってしまうのですが、今振り返ってみるとメンタルを強く持てたことと、信頼できる練習仲間にサポートしてもらったことが全てだったように思います。

実は、2月に足首を傷めてしまい、まったく水に入れない期間が2ヶ月間もあり、そこから一ヶ月はフィンを履かずに練習していました。
大会の10日前に初めてグライドフィンを履いたのですが、このとき足首に痛みが走った上に、フィンキックで使う筋力が衰えてしまっていてまともにフィンを扱えなくて絶体絶命な気分でした。
さらに、大会5日前の月曜日の夜にターゲットをしたのですが、ダイナミックウィズフィンでトライしたところどうにも苦しくて100mで上がってしまいました。
絶望的なことに泳ぎのバランスが崩れてしまい、フィンの蹴り方すらわからなくなってしまっていました。
その時からとにかく調子を上げること、その一点だけに集中して大会までの数日間を過ごしました。
幸い,身体はボロボロの状況なのに気持ちはすごく前向きで、少しもぶれることなく強いモチベーションを保てたのは大きな収穫になりました。

また、試合当日はサポートに任せっきりで、自分のレースに集中させてもらえたのも本当に大きかったです。
とっちー、きむりん、ありがとう!!



■去年に続いてV2、今回の優勝は狙っていましたか?

もちろん狙っていました。
誰でも調子に波があって当然ですし、どんな状態でも勝ち続けることが本当の強さだと思っているので、今回は勝敗にこだわりました。
仮に敗れたとしても、やるだけやった結果ならば受け入れられるでしょうし、何か得るものがあるでしょうから。

ただ、開会式でblueseventyの水着が優勝者への賞品となることを聞いてさらにやる気が出たことは否めません。



■どの種目が一番調子よかったですか?

どの種目も調子はよくありませんでしたが、ウィズアウトフィンは自己ベストを更新することができました。
ウィズアウトフィンのインターバルトレーニングの成果を出せたのかもしれません。結果を出せてよかったです。
それから、ウィズフィンでも自己ベストと同じ200m泳ぐことができたので、ウィズアウトフィンは気楽に臨むことができました。
そのことも良い結果に繋がった要因かもしれません。




■普段はどんなトレーニングをしているのですか? 

今大会前は、足首の調子が悪かったためプールではウィズアウトフィンのインターバルトレーニングをしていました。
その他の練習としては、ヨガで心身を磨いています。

・50m×10 2'00”→50m×10 1'50"→50m×10 1'40"
・50m×10 1'40"→50m×10 1'30"
・75m×3 3'00"



■最近感動した出来事は何かありますか? 

日々いろいろなことに感動するので、たくさんあり過ぎて覚えてはいないのです。覚えている範囲だとこれくらいです。

インドアカップで今年も優勝できたこと。
海で気持ちよく耳抜きができ、鼻血も出さずにすんだこと。
伊豆の海でコンスタントウィズフィンの自己ベストを更新できたこと。
それからNHKのトップランナーで篠宮氏の放送を観て刺激を受けたこと!




■これからの目標は?

8月のデンマークで開催される世界大会で良い成績を収めることと、コンスタントウィズフィンで−60mを今シーズン中にクリアーするのが目標です。


■デンマーク世界選手権での目標は?

大きな大会なので、でっかい記録を狙っていきます。

・スタティック→7'00"
・ウィズフィン→225m&決勝進出
・ウィズアウトフィン→150m



■あなたの最終目標は?

あまり遠くのことを考えても実現はなかなか難しいので、できるところからひとつずつ課題をクリアーしていこうと思っています。
その先にきっとあるはずです!




■プロフィール
・名前   濱崎 克哉
・生年月日 1976年9月27日
・職業   会社員
・競技成績  インドアカップ2007イン関西 総合優勝
      インドアカップ2008イン館山 総合優勝 3種目優勝
      ワールドカップ2008団体戦インEGYPT 出場
      Barracuda Cup 2008 in Tatsumi Dynamic with fin 200m 日本新記録
      インドアカップ2009イン館山 総合優勝 2種目優勝

  
・所属チーム(URL)
『 東京フリーダイビング倶楽部』(http://www.freediving.jp/)
『Lucky FinBarracuda』(http://freeology.jp/)

・スポンサー(URL)
『Dot−T』(http://www.dot-t.com/)

| INTERVEW | comments(0) | trackbacks(0) | posted by iapnea
<< | 2/14 | >>