i-apnea
Intervew & Infomation about freedivers!

| CALENDAR | BACK NUMBER | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
沖縄カップ008 総合優勝 平井美鈴選手にインタビュー


■まずは総合優勝おめでとうございます!ひとことどうぞ!

本当にありがとうございました、バーベキュー最高に美味しかったです。気持ち良く練習から大会までオーガナイズしてくれた龍ちゃんともちゃん、スタッフの皆さん、船長さん、参加選手の皆さんや応援してくれた沖縄の方々すべてに感謝しています。

■今回はコンスタント66mそしてスタティックで6分4秒という素晴らしい日本新記録も達成されての総合優勝となりました。毎年成長を続け、特に最近ではメンタル面での強さを感じます。自分自身で成長したと思える点はありますか?

メンタル面はまだ弱いほうだと思っていますが、確かに昨年や2年前の自分と比べると些細なトラブルや不具合にいちいち左右されなくなったかもしれません。
特に変われたと思うのは「ネガティブな時の自分」に気づけるようになった点でしょうか。そして競技日まで激しく波酔いしたり不調な日も続いたりしたのですが、そんな時も「何でもいいから良かった事や進歩できた点を探して」気持ちを前向きに保てたと思います。これも周囲の方々に注意やアドバイスを頂いてきた結果なのでとても感謝しています。


■沖縄入りする前には深度のトレーニングは全くしなかったそうですね、どんなトレーニングをされていましたか?

忙しかったので、週末プール練習と日常で行うヨーガのみでした。
プール練習は海の底から戻ってくるイメージを持って、持久力やインナーマッスル強化の為のトレーニングや泳ぎ込みをしてみたり、人がやっていないようなメニューを考えてアレコレ試していました。


■そのトレーニングがどのように深度の記録に結びついたと思いますか?

まだまだ未完成で練習中なのですが結びつくよう意識していた点は

・抵抗の少ないフィンワーク
・フィンを使う為の体幹の意識と筋力アップ
・リラックス状態をつくる呼吸法
・泳ぎながらでも持続する集中力
・きつい練習を乗り切った事でついた気持ちの強さ
・無酸素時の持久力
・ポジティブシンキング

などです。試行錯誤しながらですが今のところ自分にあっている気がします。



■去年のDEEP沖縄大会で作った63mの当時日本記録に比べて今回の66mは3mのジャンプとなりました。66mの申告は押さえた方ですか?それとも攻めた方ですか?

66mは本当は「押さえた方」にしたかったのですが・・・
練習が全く間に合わず、サポート無しの「ダメもと精神」で潜ったので「攻め」というより「今の自分でどこまでいけるかな?」という気持ちでした。

申告を決めた理由ですが、競技前日の練習で60mがとても楽に潜れたので、悩んだ結果、右手が届きそうな日本記録となる65mにトライしようかと思いました。申告用紙を書きながら、「無理なら途中で戻れば良いし、タグを覗きに行くつもりで気負わず行こう」
「海練習はあまり出来なかったけどプール練習で地力は上がっているはず」「いやいや65mも楽に行けちゃったりして」とかなり前向き?に想像していたところに申告を終えた沖田選手がやってきて「なんならゾロ目がいいんじゃない?」と言われました。「なるほどダメもとなら1mも同じか」と思いゾロ目の66mに決めました。


■66mはどんな世界でしたか?

やはり強い水圧であまり心地良い場所ではなかったのですがとても静かだったのを覚えています。


■平井選手は女子の中で70mに最も近い選手だと言われていますが、自分の中では70mはイメージできていますか?

すみません、今のところ全くできてません(笑)
66m潜ってわかったのですが今の自分が70mに行くにはもっともっと練習が必要で、怖く遠い憧れの場所です。ただ目標としてはしっかり持っています。いつになるかわからないけどコツコツ練習を重ねるうちに自然にトライできる日が来ると思っています。





■今回はコンスタントとスタティックで一位、そしてダイナミックで2位、日本新二冠で総合Vとすばらしいパフォーマンスでした。どの種目が一番気持ちがよかったですか?

今回もスタティックです。ちょっとドキドキしていましたが、プールのオープンな雰囲気がとても気持ち良かったのでいつもの練習通りにできました。

■逆にどの種目がいまいちでしたか?

コンスタントです。疲れも残っていたのか前向きな想像に反し、浮上時の身体のだるさがとても強くフォームが崩れてしまいました。「もっと持久力をつけなきゃダメだなぁ」と反省しつつ浮上していました。


■今回の結果を誰に伝えたいですか?

今回初対面できた沖縄の親戚のおじさんとおばさん!


■次の目標は?

ディープウォーターカップに参加します。
体力を付けて今回のような深度を練習でも潜れるようになりたいです。


■日本代表にも選出されました。エジプト世界選手権での目標は?

メダルがとれたら素敵ですね!!




■プロフィール
・名前 平井美鈴
・星座 みずがめ座
・職業 デザイン会社勤務、ヨーガ講師

・競技成績
2006年
○沖縄フリーダイブインビテーショナル2006
  コンスタントウィズフィン 優勝 (57m)
  フリーイマージョン    優勝 (50m)
○フリーダイビング世界大会エジプト
  コンスタントウィズフィン 61m(日本記録)
2007年
○DEEP WATER CUP 沖縄 2007 総合優勝
 コンスタントウィズフィン  63m(日本記録)
2008年
○ビッグブルー主催インドアカップ
 ダイナミックウィズフィン 100m
○館山インドアカップ 総合2位
 スタティックアプネア 5分43秒 1位(日本記録)
 ダイナミックウィズフィン 131m 2位
 ダイナミックウィズアウトフィン 77m 2位
○沖縄フリーダイビングカップ 総合優勝
  コンスタントウィズフィン 66m(日本記録)
  スタティック 6分4秒 (日本記録)

 

・所属チーム(URL)
 東京フリーダイビングクラブ
 Lucky Fin Barracuda
 FDteam Bardies
 
・スポンサー
『テクノート(竹フィン)』
『モアナブルー』
『infini』
『アクアマックス』 

・個人サイト/ブログ  今年サイト開設予定です!
| INTERVEW | comments(0) | trackbacks(0) | posted by iapnea
沖縄カップ008 総合優勝 酒井博選手にインタビュー


■まずはご自身初となる総合優勝おめでとうございます!

ありがとうございます。優勝できて嬉しく思っています。

実は大会2日目のプール競技では全く集中できず、競技を棄権しようと思ったほどでした。アップの時はスタティックは3分30秒。ダイナミックではもっとひどく60mもちませんでした。
前日のコンスタント競技での自己ベストの達成感や、なかなか仕事が休めないなか、余裕のないスケジュールでの疲労などがあって、息が続かないというよりは、完全に気持ちが切れた状態だったように思います。

でも、常にベストの状態で大会に挑めるわけではないので、どんな状態でも全力を尽くして競技に挑む事も大切な経験になると考え競技に挑みました。そして、精一杯頑張る事ができました。もちろん、練習の時のベストの記録には及びませんでしたが・・・しかしその結果が総合優勝に結びついたと思うと、嬉しく思います。


■スタティックで二位、コンスタントウィズフィンとダイナミックウィズフィンでは三位と堅実かつ安全にパフォーマンスを積み重ねての総合Vでした。今回の好結果の原因はどこにあると思いますか?

普段のトレーニングの成果だと思っています。質や、成果は別として、練習に費やした時間や量では他の選手にも負けない自信がありました。


■並居る強豪を抑えての総合優勝でした。今回の総合Vは意識していましたか?

全く意識していませんでした。私より実力のある選手も沢山参加されていましたので、意識したくてもできない状態でしたので‥
この大会でも、練習の成果を発揮して自己ベストを更新できたらいいなーと思って参加しました。


■どの種目が一番調子よかったですか?

海洋でのコンスタント競技です。大会2日前から沖縄での海洋練習にも参加させて頂きました。やはり、沖縄の海ですね。抜群の透明度、水温も高く快適に潜る事ができました。自己ベストを更新する事もできました。



■この結果をどなたに伝えたいですか?

私が所属している関西方面で活動中のフリーダイビングチーム『無限』さんの方々です。練習環境の確保(海洋、プール)やチームの運営。定期的に練習会も開催して頂きました。皆さんの協力がなければこの優勝はなかったと思います。ありがとうございました。


■フリーダイビングを始めたきっかけは?

私はスクーバダイビングの指導員を10年以上やっていました。もう少し、素潜りができるようになってみたいなーと思って、当時は海で潜って-20mでした。プールでの水平潜水も50mしかできませんでした。3年前の記録です。


■フリーダイビングをする前はどんなスポーツをしていましたか?

水泳、スクーバダイビング


■初めてのフリーダイビング大会はどの大会でしたか?

フリーダイビングインドアカップin関西07。総合で2位になる事ができました。大会前から、極度の緊張で大会前後の記憶がほとんどありません・・・大会当日は緊張で手が震えていた事だけはしっかりと覚えています。


■今現在、フリーダイビングのどのようなところに惹かれていますか?

コンスタントなどの海洋競技での独特の緊張感や達成感です。-50mを超えた時の独特の水圧にも魅力を感じています。


■いままで潜った中で一番好きな海は?

和歌山&日本海の海です。ローカルですいません・・・関西在住なので近くて、綺麗で、楽しめる海という事で選びました。


■フリーダイビングをしていて一番楽しいことは?

自己ベスト更新の時、練習の成果を発揮できた時。一緒に練習している人達の歓声ももらえるから!


■あなたにとってのヒーローは?

高橋 尚子(シドニーオリンピック フルマラソン 金メダリスト)


■自己ベストはどのくらいですか?

STA:6分22秒 
DYN:150m 
DNF:94m 
CWT:-57m 
FIM:-42m


■フリーダイビング以外の趣味や普段よくすることはなんですか?

スクーバダイビング  
三線(沖縄の楽器)
残念ながら音楽の才能は全くないようですがヘタクソなりに頑張っています。


■日常生活では食べ物に気を遣っていますか?

なるべく野菜をとるように気をつけています。外食は極力しないようにしています。大会前は太らないように食事制限をしていました。脂肪は水に浮きますからね。



■どんなトレーニングをしているのですか? 

息をとめたり、フィンをつけて泳ぐ練習だけではなく、水泳や、ジョギングなど基礎体力をつけるトレーニングもやっています。


■最近感動した出来事は何かありますか? 

沖縄の海で-57m潜れたこと!


■座右の銘はありますか?

夢は叶えるもの


■フリーダイビングを通して一番何を表現したいですか?

夢や希望を持って頑張る事の大切さ


■これからの目標は?

自己ベストの更新。関西方面からも沢山の選手が競技会などで活躍する日がくるように少しでもそのお手伝いができたらと思っています。


■あなたの最終目標は?

フリーダイビングやスクーバダイビングを通じて、海や自然の素晴らしさ、楽しさ、そして厳しさなども伝えていく事ができたらと思っています。
そして、フリーダイビングは少しの努力があれば、とても楽しいスポーツだという事も沢山の人達にわかってもらえたらと思います。



■プロフィール
・名前   酒井 博 
・生年月日 昭和47年11月5日
・職業   会社員
・競技成績 フリーダイビングインドアカップin関西'07 総合2位
      館山インドアカップ2008 総合3位 
      OKINAWA FREEDIVING CUP2008 総合優勝
  
・所属チーム 無限 http://t-mugen.com/ 
   
・個人サイト/http://www4.kcn.ne.jp/~cmas/
| INTERVEW | comments(0) | trackbacks(0) | posted by iapnea
<< | 4/14 | >>